福祉医療とこども

福祉医療とこどもについて

こどもの福祉医療について

こどもでも、障害を持つ子などは福祉医療が必要になります。この業界も人手不足で、さらに知的障害を持っている子は扱いが難しいため、仕事が重労働になりやすいです。また、仕事に従事している人たちも、決して全てを理解しているわけではありません。扱い方がわからないこどもは十分な対応が行われないことも珍しくありません。福祉の世界では色々な課題が山積み状態です。これに対して、身近な人たちが障害を持つ子たちを当たり前の存在として受け入れていくことが大切です。そうすれば人材不足による苦労も少しは改善されるでしょう。

医療と福祉の利用者とは

医療福祉を一番使うのは、高齢者です。体が不自由な方も使うことはありますが、割合として最も多いのは高齢者です。最近では高齢化がどんどん進んで、利用者も多くなっています。それに対して、働き手が不足しているのが現実です。看護師、医師をはじめとして、介護士などの福祉従事者も不足気味です。これに対して国は給料を上げたり、待遇を改善するなど改善策を出していますが、まだ具体的にこういうことが施行されているわけではありません。とにかく、1日でも早く人手不足を解消できるような方針を立てて実行することが求められます。

福祉医療に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP